女性にとってのヒゲは深刻な悩み

女性も男性ほどではありませんが体毛は生えますし、ヒゲもうっすらと生えます。ただ女性にとってのヒゲは男性のそれと比べ非常にナーバスになる要素を持っており、また女性のヒゲ脱毛は男性のヒゲ脱毛とは、その目的が大きく異なります。

男性というのは容姿の要素にヒゲは無条件に含まれており、むしろヒゲが多少あった方がカッコいいという女性は多くいます。しかし女性の容姿の要素にはヒゲというアイテムは含まれていない為、多くの男性がヒゲの目立つ女性を見ると敬遠してしまいます。

つまり男性にとってのヒゲはセクシャルアイデンティティとして社会が認めているのに対して、女性のヒゲはセクシャリティを構成する要素に含まれていない事から、多くの場面で否定の対象となっています。

一方で欧米へ行くとあまり気にかけていないのか、女性でもフサフサとヒゲを蓄えた方を見かけることがあります。しかし日本やアジア諸国ではそういった女性はまず居ません。

お国が変われば文化や価値観も変わるからなのか、日本やアジア諸国の女性は欧米女性とは比較にならないくらい、洗練された美に対して貪欲に傾倒する傾向にあり、その中にヒゲという存在は邪魔なパーツ以外なにものでもないのです。

従って女性にとってのヒゲは真っ先に除去されるべき対象であり、高額なエステや脱毛器具を使いヒゲ脱毛に勤しむことになるのです。男性にはわからないかもしれませんが、女性のヒゲ脱毛は余計なムダ毛処理以上に重要な要素を持っているのです。

全身のムダ毛を口コミで噂のクリニックで脱毛しました

女性のヒゲ脱毛の基本は産毛処理

女性は男性と異なり男性ホルモンの影響をさほど受けることはありません。従ってヒゲが生えたとしても、産毛程度であり毛質も針のような堅い毛ではなく、フワフワした産毛の様な毛質であるのが特徴です。

従ってヒゲ脱毛といっても1枚場のカミソリで入浴時等に、軽くシェービングするだけで毛の多くは取り除くことができます。しかしやはりここは男性同様に、カミソリを使うとそれだけ肌を削ってしまいますので、お肌のダメージが大きく肌の弱い方にはあまりお勧めする事は出来ません。

では肌の弱い方はどのようにして産毛上のヒゲ脱毛をしたら良いのでしょうか。最もおススメしたいアイテムはフラッシュ式の脱毛器具です。このフラッシュ式の脱毛器は、基本的に女性の体全身に使うことのできる脱毛器で、もちろん鼻の下や顎にわずかに生える産毛も無駄なく処理することができます。


ただフラッシュ式の脱毛器具である為、永久脱毛をする事はできず、一定周期で定期的に脱毛していく必要があるわけですが、それでも高額なサロンへ通いヒゲ脱毛してもらうより、カミソリを使いながら剃るより、安心安全に効率よくヒゲ脱毛をしていく事ができます。

もちろん全身に使える脱毛器ですから、全身のムダ毛処理に使う事が出来ますし、肌の露出の多い季節には大変重宝する道具になってくれるでしょう。お値段は安いものだと3万円台から高いものでも4万円程度で購入する事ができますので、エステよりも大幅にリーズナブルに脱毛する事ができます。

ウデ脱毛して綺麗になりました

まずは脱毛クリームでヒゲ脱毛

確かに家庭用の脱毛器でヒゲ脱毛を行えば効果的にヒゲは取れていく事でしょうが、予算的に工面できないという方の為に、ご提案したい方法が脱毛クリームです。

脱毛クリームの特徴は、アルカリ性の薬剤を使い、ヒゲそのものを溶かしてしまう方法で、夏場に薬局で売っているムダ毛除毛のムースと同じ原理でヒゲを取り除いていきます。

この方法であれば薬局や量販店で1つ数百円から高いものでも2千円程度で購入する事ができ、格安で効果的にヒゲ脱毛を実践することができます。

またお肌の弱い女性向けにアロエエキスやローマカミツレエキス、ヤグルマギクエキスといった肌を労わる効果のある成分の入った脱毛剤、鏡花水月リムーバークリームやパイナップル豆乳除毛クリームなどを使えば、痛みも肌のダメージも殆どなく、綺麗にヒゲ脱毛を行うことが出来ます。



更に除毛後のお肌ケアとして、パイナップル豆乳ローションで患部へ軽く塗れば、大豆ヤシエキスやマンダリンオレンジ果肉成分などの天然成分により、優しく肌を保湿してくれ長時間その潤いを持続させてくれます。

お値段は鏡花水月リムーバークリームが3500円で、パイナップル豆乳除毛クリームが2800円、そして最後にご紹介したパイナップル豆乳ローションが2000円程度で購入する事ができます。



ということは除毛クリームと保湿ローションの2つを買っても5千円あれば足りてしまうのです。予算的に厳しいという女性の方にはローションやクリームを使い格安でヒゲ脱毛をして頂く事ができます。